【出会い系】不倫がもたらす経済効果は絶大?!

Pocket

『出会い系サイト』
男女の恋愛を促進するために存在しています。

ここでは
そんな「出会い系サイト」による経済効果の大きさを考えていきます。

出会い系サイト
と言っても出会い系サイト利用と通常恋愛における
経済効果を区別して考えるのは少し複雑ですので

ここでは『不倫』がもたらす経済効果について考えたいと思います。

不倫に特化した大人の出会い系サイトを探している方は→『華の会』がおすすめ

◇不倫がもたらす経済効果を算出

不倫

「恋愛」はしばしばいい個人消費を生むと言われます。
思いつく限りでも「デートのための服」「デートの食事代」「電話/メールなどの通信費」「各デート施設の利用費」など二人での大切な時間利用するための『消費活動』に溢れています。

国内の某結婚情報提供サービス会社が発表したレポートによると、恋人間の一回のデートの平均費用は「7500円」と算出されています。ご自身と比較してみてください。「確かにそれくらいかなぁ」と思うのではありませんか?

これは「デート費用」なので、不倫にも活用できるのはないでしょうか?

これで月に2回不倫相手とデートしたとすると、1万5000円/月、18万円/年の経済効果が生じます。

統計局のデータによると、全国に15歳以上の配偶者のいる男性は3200万人。

この内の1%の男性が不倫に走り、年間18万円をデート費用に使ったと仮定すると、

「18万円×32万人=576億円」

国内のアイドル産業の市場規模が「542億円」(※2008年時)らしいので、不倫をしているのが100人に1人男性であっても、アイドル産業規模(※2008年時)を少し上回る規模の消費を生み出すことになりますね。

仮に既婚男性全体の5%が不倫に走ったとするなら、2880億円の消費となり、ロシアがクリミア編入に割く年間予算に匹敵することになりるそうです。

不倫をしている男性が5%(20人に1人)でしょうか!?私はもっとたくさんいてると思います。

したがって
不倫における経済効果少なく見積もっても
このくらいであり、潜在的には壮大な規模である可能性もありあます。

◇有識者の見解は『国防予算』レベル!?

経済効果

TVを中心としたメディアで大活躍中の経済学者「門倉貴史」氏が
自信の著書『不倫経済学』で、不倫が経済に与える効果は

不倫市場は、日本の国防費と同じ5兆5000億円なんです。

と主張しています。さらに不倫の経済効果を知りたい方は『不倫経済学』のご購入をおすすめします。

◇不倫の経済効果は国家予算まで?!

上記で見たように
不倫の経済効果は凄まじい可能性を秘めています。

しかし不倫の経済効果はまだまだ解明されていません。

上の2つの算出は、「男性による不倫」のみの計算なので
「女性の不倫」つまり『W不倫』も含めると、その経済効果は倍、もしくはもっともっと...

となる可能性もありますよね(笑)

 

いやぁ、まさに「恋愛の力」・「人間らしさ」を感じさせられるデータだといえますね。

優良おすすめ出会い系ランキング

1位 PCMAX   


2位 ワイワイシー(YYC)


3位 ワクワクメール 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*